MENU

【ゲーム配信】intel第10世代が5万円以内で自作できる?ゲーム配信用のパソコン構成をガチで考える。現在のサブパソコンはintel 第3世代 Ivy Bridge動画配信はできそうだが何と無く組み替えたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メインPCをHackintosh(ハッキントッシュ)に使ってしまったため、自宅にあったパーツを組み合わせ1台サブパソコンを作りました。

あわせて読みたい
もう一度、Hackintosh(ハッキントッシュ)の夢を見る。#10 Catalina無事にインストール完了。全くトラブ... 前回の記事で、構成をお伝えするとインストールUSBを作ってくれる業者を発見し依頼しました。 結論から申しますと、こちらの業者のUSBではインストール出来ませんでした...

そのパソコンが、Sandy Bridge(サンディーブリッチ)ならずIvy Bridge(アイビーブリッチ)サンディおじさんの次の世代です。

intelのCPUは第8世代からコア数が増えて、

Core i7が4コア8スレッドから、

第8世代は6コア12スレッドへ

第9世代は8コア8スレッドへ

第10世代では8コア16スレッドへ

Core i5は、

第8世代は6コア6スレッドへ

第9世代は6コア6スレッドへ

第10世代では6コア12スレッドへ

コア数の数からいくと、6コア12スレッドあればサブ的には十分かなと思います。

という事で、コスパの高い構成を考えていきます。

選んだCPUはCore i5 10400f 6コア12スレッド

15,000前後で非常に性能が高いです。

目次

Core i5 10400f VS Core i7 2600K

まずは、

Core i5 10400f VS Core i7 2600K

サンデイおじさんを倒すべく選ばれたのはi7 2600Kです。

結果はこんな感じ。

アベレージスコアで31%も性能差をつけてi5 10400fの勝利です。

まあ、メモリー周りもDDR3とDDR4なので大きな差がついています。

Core i5 10400f VS Core i7 6700K

では、次は一気に世代を飛ばしてDDR4対応のCore i7 6700Kです。

結果はこんな感じ、

アベレージで8%の差でi5 10400fの勝利です。

まあ、8%くらいならこの構成のPCを持っているならあえて変更する必要は無いですね。

Core i5 10400f VS Core i7 7700K

最後は、4コア8スレッドの砦Core i7 7700K

結果はこんな感じ。

わずか、1%でCore i5 10400fの勝ち。

スレッドに違いはあるが、クロック数で追いつかれたって感じですかね。

別のベンチマークを確認。全てマルチコアで比較。

Cinebench R15

Cinebench R20

Cinebench R23

Geekbench 5

どのベンチマークを確認しても、25%以上離して、Core i5 10400fの勝利です。

ちなみに、Core i7 2600Kのマルチコアで比較すると、、、

Core i5 10400fの50%も性能がありません。

可哀想なので1つしかベンチマークを上げませんが、15,000円で買えて、Core i7 2600Kの2倍の性能ならイイですね!

Core i5 10400fの価格はこちら 15,980円

はてなアカウントがない方はTwitterやGoogleでログインしてシェアをお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからお願いいたします。
https://ws.formzu.net/dist/S15920111/

参加ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村 住まいブログへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元看護師YouTuber_takeです。
ブログを通じてあなたの生活のアイディアに影響を与えたい。
そんな意味を込めてドメインをtakerblogとしました。
日常生活や仕事の事など身近な事を記事にしていきます。

ブログに対する私の考え【ここをクリック】

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる