MENU

愛犬めろんちゃんの開腹手術。病気でした。キャバリアキングチャールズスパニエル。

このエントリーをはてなブックマークに追加

入院する3日ほど前、散歩終わりにいつものように何かむしゃむししていました。

いつもの事かと呆れ次の日の夜。

何度か嘔吐し、歩き方もなんかおかしい。

食意地を張っていて兄犬のご飯まで食べるめろんちゃん。

この日はご飯すら食べない。

朝になって2階に上がる階段の中段あたりに座っていたり、檻の中に座っていたりといつもと違う。

入院してレントゲンと内視鏡検査をして、異物の見込みの閉塞は見られなかった為、開腹手術をしました。

何もなければ、左上のピンクの色なのですが、

下の方が何となく色が悪くなっています。

先生は、腸のぜんどう運動が悪くなり壊死しかけているとの事。

一応病理検査に出していますが、どうなんでしょう。

もう、長くは無いような気がします。

私の顔を見てもピクリとも動かなかったのですが、娘を抱えて上げた時に、使命感なのかおすわりしました。

お腹を縫っています。

私がお見舞いに行くと、使命感を出して座ったりするので、ゆっくり休んでもらうために面会には行きませんでした。

帰ってきたら一緒に寝ようね。

はてなアカウントがない方はTwitterやGoogleでログインしてシェアをお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからお願いいたします。
https://ws.formzu.net/dist/S15920111/

参加ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村 住まいブログへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元看護師YouTuber_takeです。
ブログを通じてあなたの生活のアイディアに影響を与えたい。
そんな意味を込めてドメインをtakerblogとしました。
日常生活や仕事の事など身近な事を記事にしていきます。

ブログに対する私の考え【ここをクリック】

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる